医薬品のタイプ|犬の体に棲みつくノミ・ダニを徹底退治!ネクスガードの購入方法

医薬品のタイプ

白い錠剤と1錠の立った錠剤

ネクスガードは錠剤です。
ノミ・ダニ駆除薬には錠剤タイプの内服薬と、スポットオンタイプの外用薬の2種類があります。
それぞれにメリットとデメリットがあるので、今後犬用の医薬品を購入する際の参考にしてみてください。

まず錠剤タイプの医薬品についてですが、こちらは口から医薬品を摂取させるため、短時間でその効果を発揮させることができます。
しかし、その一方で錠剤嫌いなワンちゃんも多く、異物と勘違いしてすぐ吐き出す子もいます。
もちろん吐き出してしまえば、その医薬品の効果を受けることはできませんので、錠剤の投与に苦戦した経験のある飼い主さんも多いのではないでしょうか。

スポットオンタイプの医薬品は、錠剤と違い、肩甲骨の間に適量垂らすだけで投与完了です。
そこから次第に体内へ浸透していき、効果を発揮してくれるため、錠剤が苦手なワンちゃんにも簡単に投与できますよ。
ただし、皮膚吸収ですので、錠剤よりも効き目は遅くなります。
また、医薬品が浸透し切るまでに時間がかかることから、シャワーに入れたり、触れ合えない時間ができる点も注意しましょう。

ネクスガードについてですが、こちらは最初に紹介したように錠剤タイプです。
そのため、錠剤嫌いなワンちゃんを飼っている方からすれば、また投与に苦戦すると思われがちです。
しかし、ネクスガードはチュアブルタイプと呼ばれるもので、犬が好むミート味に加工されています。
そのため、錠剤が嫌いなワンちゃんにもおやつ感覚で与えることができるのです。